加工事例

チャンネル鋭角角度切

製作方法


 溝形鋼(チャンネル)をガス切断することで製作します。

ノウハウ


・バンドソーの角度切りと違い、角度の制限が少なくご指定の形状で
 溝形鋼(チャンネル)を加工致します。
 (バンドソーでの角度切りは最大でおおよそ30度まで)

・写真の製品は角度20度で切断しています。

・溝形鋼(チャンネル)のサイズもお選び頂けます。

・溝形鋼(チャンネル)以外の鋼材の角度切り・斜め切り加工できますので、
 営業担当までお問合せください。


用語解説



ガス切断とは・・・プロパンガスやアセチレンガス等のガスに酸素を加えて、鋼材を溶かしながら切断する方法です。

フランジ面・ウェブ面とは・・・チャンネル(溝形鋼)においては、コの字形の断面形状の折れ曲がった2箇所の面をフランジ、一方それらを結ぶ面をウェブと呼びます。フランジを設けることで断面二次モーメントが大きくなり、曲げ剛性が向上しています。主としてフランジは曲げモーメントに抵抗し、ウェブはせん断力に抵抗します。



*****************************************
その他の加工事例はコチラ!
http://www.mizonishi.com/metalworking/

溝西鐵鋼は大阪 鐵のまち 九条より鋼材・形鋼加工の産地直送。短納期・急ぎに強みです。
詳しくはこちらよりご覧ください。
http://www.mizonishi.com
*****************************************
似ている加工事例
曲げ 鋼材加工

ロール曲げ

鋼板(プレート)を曲面に曲げます。

> 詳しく見る
孔あけ 穴あけ 山形鋼 長尺

鋼材長尺穴あけ

長い寸法の等辺山形鋼(アングル)に孔あけ加工を行います。

> 詳しく見る
斜め切り 山形鋼 鋼材加工 

先付け・ノコ切

アングルの両辺を斜めに切断することで土木用途などの杭に使用します。

> 詳しく見る
フラットバー 平鋼 穴あけ 孔あけ

平鋼穴あけ

フラットバーの孔あけを小径のものはパンチ孔、大径のものはプラズマなどで孔をあけます。

> 詳しく見る
フラットバー 平鋼

平鋼数モノ切断

フラットバー(平鋼)を切断します。

> 詳しく見る
メッキ 山形鋼

溶融亜鉛メッキ

鋼材に金属の薄膜を被覆することで錆びや腐食に強くなります。

> 詳しく見る