加工事例

H形鋼開先加工

製作方法


 H形鋼のフランジ部分の断面を削ることで製作します。
 開先加工機という専用の機械を使って加工することもあれば、
 簡易なものはディスクグラインダーで製作することもできます。

ノウハウ


・長尺モノの鋼材の加工にも対応します。

・鋼材の種類や形状によって加工方法を検討します。

・開先加工の度合いは角度によって示され、開先角度と言い、ベベル角度と言われることもあります。
 角度の指定は削る側の角度であり、鋼材側の角度ではありません。
 
・主に建築系のお仕事でのお引き合いをよく受けます。


用語解説


開先とは・・・”かいさき”と読みます。溶接技術の分野において用いられる用語の一つで、
鋼材を繋ぎ合わせる際に溶接をしやすくするために鋼材の縁を適当な形状に切り開く
(角の部分を斜めにそぎ落とす)加工の事です。
開先加工を行うことにより、溶接の強度を上げるメリットがあります。
形状としては、I形、V形、レ形、X形、U形、K形、J形、両面J形、H形があります。


*****************************************
その他の加工事例はコチラ!
http://www.mizonishi.com/metalworking/

溝西鐵鋼は大阪 鐵のまち 九条より鋼材・形鋼加工の産地直送。短納期・急ぎに強みです。
詳しくはこちらよりご覧ください。
http://www.mizonishi.com
*****************************************
似ている加工事例
カットT H形鋼

カットT,カットティー

H形鋼のウェブ部分を切断することでT字形の鋼材を製作します。 建築物の構造材に多く使われます。

> 詳しく見る
曲げ 鋼材加工

ロール曲げ

鋼板(プレート)を曲面に曲げます。

> 詳しく見る
山形鋼 アングル 切断

アングル数モノ切断

アングル(山形鋼)を切断します。

> 詳しく見る
孔あけ 穴あけ 山形鋼

アングル長穴あけ

長孔(楕円形の穴)をあける孔あけ加工です。

> 詳しく見る
孔あけ 穴あけ 山形鋼 長尺

鋼材長尺穴あけ

長い寸法の等辺山形鋼(アングル)に孔あけ加工を行います。

> 詳しく見る
フラットバー 平鋼 穴あけ 孔あけ

平鋼穴あけ

フラットバーの孔あけを小径のものはパンチ孔、大径のものはプラズマなどで孔をあけます。

> 詳しく見る