加工事例

溶融亜鉛メッキ

製作方法


 協力会社によりメッキ加工も承ります。

ノウハウ


・俗称ではドブメッキ、ドブ漬けと言います。

・定尺などの長尺モノから数モノまで対応します。

・母材の段階でメッキ加工を行う「先メッキ」、
 切断・孔あけ等の加工後にメッキ加工を行う「後メッキ」があります。

・先メッキの定尺から切断・孔あけ等の加工を行う場合、
 切断・孔あけの断面は生地になり保護されておりません。
 その場合、切断面を保護するためにローバル(亜鉛めっきと同様に電気化学的な作用で
 鉄をさびから守る塗料)によりタッチアップ塗装を行うこともできます。
 (孔あけ断面のタッチアップ塗装は難しいと思われます。)
 断面の防錆効果を重んじられる場合は「後メッキ」をお勧めします。

・状況にもよりますが、納期は約1週間程頂きます。
似ている加工事例
カットT H形鋼

カットT,カットティー

H形鋼のウェブ部分を切断することでT字形の鋼材を製作します。 建築物の構造材に多く使われます。

> 詳しく見る
曲げ 鋼材加工

ロール曲げ

鋼板(プレート)を曲面に曲げます。

> 詳しく見る
山形鋼 アングル 切断

アングル数モノ切断

アングル(山形鋼)を切断します。

> 詳しく見る
孔あけ 穴あけ 山形鋼

アングル長穴あけ

長孔(楕円形の穴)をあける孔あけ加工です。

> 詳しく見る
孔あけ 穴あけ 山形鋼 長尺

鋼材長尺穴あけ

長い寸法の等辺山形鋼(アングル)に孔あけ加工を行います。

> 詳しく見る
斜め切り 山形鋼 鋼材加工 

先付け・ノコ切

アングルの両辺を斜めに切断することで土木用途などの杭に使用します。

> 詳しく見る