加工事例

溶接・めっき

製作方法


 材料から溶接、表面処理(めっき)まで承ります。

ノウハウ


・こちらの製品は機械設備の架台として利用されました。
・溶接は用途により、半自動溶接からTIG溶接まで使い分けてご提供します。
・メッキ処理は原則溶融亜鉛メッキ(どぶめっき)になります。
 電気メッキ等、その他のメッキについては営業担当までお問合せください。

用語解説


めっきとは・・・表面処理の一種で、金属または非金属の材料の表面に金属の薄膜を被覆すること。
        材料をサビから保護するために利用されます。
        古くは鍍金(めっき・ときん)と表記されていました。
                

*****************************************
その他の加工事例はコチラ!
http://www.mizonishi.com/metalworking/

溝西鐵鋼は大阪 鐵のまち 九条より鋼材・形鋼加工の産地直送。短納期・急ぎに強みです。
詳しくはこちらよりご覧ください。
http://www.mizonishi.com
*****************************************
似ている加工事例
カットT H形鋼

カットT,カットティー

H形鋼のウェブ部分を切断することでT字形の鋼材を製作します。 建築物の構造材に多く使われます。

> 詳しく見る
曲げ 鋼材加工

ロール曲げ

鋼板(プレート)を曲面に曲げます。

> 詳しく見る
山形鋼 アングル 切断

アングル数モノ切断

アングル(山形鋼)を切断します。

> 詳しく見る
孔あけ 穴あけ 山形鋼

アングル長穴あけ

長孔(楕円形の穴)をあける孔あけ加工です。

> 詳しく見る
孔あけ 穴あけ 山形鋼 長尺

鋼材長尺穴あけ

長い寸法の等辺山形鋼(アングル)に孔あけ加工を行います。

> 詳しく見る
斜め切り 山形鋼 鋼材加工 

先付け・ノコ切

アングルの両辺を斜めに切断することで土木用途などの杭に使用します。

> 詳しく見る