TEL 06-6581-3841

FAX 06-6581-3841

受付時間 平日 7:30-16:30 / 土曜 7:30-11:30
鋼材加工なら溝西鐵鋼株式会社
Mizonishi Steel
  • facebook
  • instagram

ABOUT US

私たちの想い


は、やわらかい。

たくさんの鉄が高度経済成長を支えた時代は終わり、
鉄にも、細やかな付加価値と、多様なニーズに応える力が求められています。

鐵のまち九条の力を結集させて、どんなオーダーにも応え抜くこと。
お客様が必要とされる時に必要な鋼材をお届けすること。
設計者のパートナーとなり、新しい製品づくりにまで挑んでいくこと。

私たちは、鉄という素材に、柔軟な発想と対応力を掛け合わせることで、
加工の自由度を広げ、お客様への寄り添い方を広げ、町工場の可能性を広げてきました。

そして、この会社で長く活躍してくれる従業員や、
60年以上にわたって一緒に歩んできた地域のみなさまとも、
やわらかく、あたたかいつながりを育んできました。

暮らしの多様化や、ものづくりの多品種少量化が進む今、
やわらかな発想と行動力を持つ町工場だからこそ、
関わる一人ひとりと真摯に向き合い、
その人の想いをかたちに変えていけると信じています。

すべての人への感謝を胸に、
私たち溝西鐵鋼は、鐵の先にある、人の喜びを見つめていきます。

代表メッセージ

代表メッセージ

の価値は、人がつくる。

鉄は、どこにでもある身近な素材です。
だからこそ、人の発想力と技術で、鉄にどのような価値を加えていけるかが大切だと考えています。
私たち溝西鐵鋼の今日までの歩みは、人の手で鉄の価値をつくるためのチャレンジの連続でした。


代表取締役 櫻井康隆

これから、加工が求められる時代が来る。
これから、加工が求められる時代が来る。
創業者の先見の明。
日本が戦後復興へ向かって歩んでいた1953年、岡山から大阪へ出て商売やものづくりを学んだ溝西準吾は、多くの町工場が集まる九条のまちで溝西商店を開業しました。ただ鋼材を仕入れて卸すのではなく、いち早くアングル(山形鋼)、チャンネル(溝形鋼)を主体とした「切断加工」に目を向けたところに、彼の先見の明があったと言えます。これらの鋼材は、建築材としてはもちろん、海外に輸出する荷物を守るための枠材や、機材の運搬、ロッカーや金庫など、幅広い業界へと広がっていきました。
大量生産から、付加価値の追求へ。
大量生産から、付加価値の追求へ。
量から質への転換。
急速な経済発展とともに、鉄の需要も伸びていきました。 鋼材を大量に仕入れ、切断加工の技術を活かして次々と鉄を切り、お客様に納めていく。日に何十トンもの鉄が、飛ぶように売れていく時期もありました。しかし、バブル経済の崩壊を境に、大量生産・大量消費の時代は終わりを告げようとしていました。この頃、専務として経営に参画し始めた私は、「量から質への転換が必要」だと強く感じました。やがて来る多品種少量生産の時代に備え、「加工の付加価値」を高めていきました。
量から質への転換。
九条という地域をひとつの工場に見立てれば、製品ができる。
九条という地域を
ひとつの工場に見立てれば、製品ができる。
大量生産から多品種少量生産へ。その転換は、決して簡単なことではありませんでした。10数年にわたって勉強を重ね、切断、穴開け、溶接、メッキ、塗装と、できることを一歩ずつ積み重ねてきました。設備も増強し、他社では取り扱いが難しい鋼材も加工できるようにしました。さらに視野を広げ、鐵のまち・九条という地域をひとつの工場に見立てれば、特殊な加工であろうと、複合的な加工であろうと、製品づくりであろうと、お客様の多様化するニーズに応え抜くことができる。こうして発想そのものを転換することで、溝西鐵鋼は受け皿を大きく広げていきました。
お客様の変わらぬ満足のために
お客様の変わらぬ満足のために、
変化を恐れず、チャレンジを重ねていく。
鋼材の加工は多岐にわたり、私たちの挑戦も、まだ道半ばです。加工の付加価値をさらに高め、どのようなご要望にも応え得る受け皿となれるように、新たなものづくり拠点の確保や、新しい設備の活用など、次なるステップへ向けて動き出しています。どのように時代が変わろうとも、お客様に変わらぬ満足をお届けできるように、私たちは柔軟な発想と行動力、そして、ものづくりへの飽くなき情熱を持って、チャレンジを重ねていきます。
感謝を原動力に
感謝を原動力に、
次のよろこびを生み出していく。
60年以上にわたる歴史の中で、溝西鐵鋼はさまざまな時代の浮き沈みや困難を経験してきました。バブル経済の崩壊、リーマンショック、新型コロナウイルスの世界的流行。しかし、どのような厳しい状況にあっても、私たちと取り引きを続けてくださるお客様や仕入れ先のみなさんがいました。社員のみんなも、勤続20年以上の熟練者をはじめ、一人ひとりが力を合わせて溝西鐵鋼という会社の今日をつくってきました。そして、九条でものづくりをともにしてきた仕事仲間や、私たちを見守ってくださった地域のみなさん。すべての人への感謝を原動力に、私たちは未来へ向けて、止まることなく歩み続けていきます。

会社概要

沿革

1953年4月
溝西商店として溝西準吾が創業
1968年3月
株式会社溝西商店 設立
1973年10月
溝西鐵鋼株式会社に社名変更
1990年
事務所移転
1999年3月
溝西廣子が代表取締役に就任
2013年
ユニットワーカーの導入により孔あけ加工を開始
2017年
櫻井康隆が代表取締役に就任
会社名
溝西鐵鋼株式会社(英語表記:Mizonishi Steel co., ltd.)
事業内容
鋼材の販売
鋼材の寸法切り、孔あけ及び各種加工
設立年月日
1968年3月
代表者
代表取締役 櫻井康隆
従業員数
11人
資本金
10,000,000円

アクセス

所在地

〒550-0025
大阪府大阪市西区九条南4丁目22 - 19(Googlemap

徒歩:
大阪メトロ中央線「九条駅」より徒歩10分
大阪環状線「弁天町駅」より徒歩15分
お車:
中央大通り(阪神高速沿い)沿いを走り、辰巳橋(スシローさんと、吉川病院の間)の信号を北に左手に増谷ボルトさんが見えた角を右に曲がり、少し走ると到着します
TEL:
06-6581-3841平日 8:00-17:00 / 土曜日 8:00-12:00・休日 毎週日曜日、第2・第4土曜日、祝日)

※現在コロナ禍による出勤体制として30分前倒し勤務をしています(平日 7:30-16:30 / 土曜日 7:30-11:30)

FAX:
06-6584-2020
MAP