TEL 06-6581-3841

FAX 06-6581-3841

受付時間 平日 7:30-16:30 / 土曜 7:30-11:30
鋼材加工なら溝西鐵鋼株式会社
Mizonishi Steel
  • facebook
  • instagram
  • 建築向け
  • 建設機械向け
  • 産業機械向け
  • 切り欠き加工
  • リップ溝形鋼(Cチャンネル)
  • Cチャンネル切り欠き
  • Cチャンネル切り欠き
  • Cチャンネル切り欠き

Cチャンネル切り欠き

製作方法

リップ溝形鋼(Cチャンネル)をガス切断することで製作します。

ノウハウ

  • リップ溝形鋼(Cチャンネル)の一部分をご指定の形に切り取り(切り欠き)ます。
  • ウェブ面とフランジ面がつながる形での切り欠きが可能です。
  • リップ溝形鋼(Cチャンネル)のサイズはお選び頂けます。
  • リップ溝形鋼(Cチャンネル)以外の鋼材の切欠き加工もできますので、
    営業担当までお問合せください。
  • 切り欠く範囲が大きいと、歪みやゆがみが生じる場合があります。
    詳しくは営業担当までお問合せください。

用語解説

切り欠き(切欠)とは・・・
材料の一部を切り取る加工方法の呼び方。
なお、丸く切り取る穴あけとは別として捉えれられるている。

ガス切断とは・・・
プロパンガスやアセチレンガス等のガスに酸素を加えて、鋼材を溶かしながら切断する方法です。

フランジ面・ウェブ面とは・・・
リップ溝形鋼(Cチャンネル)においては、コの字形の断面形状の折れ曲がった2箇所の面をフランジ、一方それらを結ぶ面をウェブと呼びます。フランジを設けることで断面二次モーメントが大きくなり、曲げ剛性が向上しています。主としてフランジは曲げモーメントに抵抗し、ウェブはせん断力に抵抗します。