TEL 06-6581-3841

FAX 06-6581-3841

受付時間 平日 7:30-16:30 / 土曜 7:30-11:30
鋼材加工なら溝西鐵鋼株式会社
Mizonishi Steel
  • facebook
  • instagram
  • 建築向け
  • 産業機械向け
  • 切断
  • 孔あけ加工
  • 塗装
  • メッキ
  • 溝形鋼(チャンネル)
  • チャンネル架台
  • チャンネル架台

チャンネル架台

製作方法

溝形鋼(チャンネル)のフランジ面に孔あけをすることで製作します。

ノウハウ

  • 業界用語では架台を「カダイ」や「ガダイ」と読みます。
  • 鋼材サイズによりユニットワーカー、アイアンワーカーの加工設備により製作を行います。
  • 丸穴、長穴に対応しています。ご要望によってはタップ加工も承ります。
  • 最長8mまでの製作に対応します。
    それ以上の寸法をご希望の際は、営業担当者までお問い合わせください。
  • 両フランジ面への孔あけに対応します。ウェブ面の孔あけも可能です。
  • 加工可能サイズ、加工可能寸法、加工可能穴径等については営業担当までお問合せください。
  • 溝形鋼(チャンネル)の他、H形鋼による架台の製作も承ります。
  • 表面処理も承ります。メッキ、錆止め塗装(赤、グレー)等に対応します。

用語解説

架台とは・・・
電気設備(キュービクル等)、空調設備(室外機等)を床面に設置する際の土台や、配管を床面や壁面に施工する際に支持する台のことをいいます。
業界用語では「カダイ」や「ガダイ」という言い方をします。
溝形鋼(チャンネル)の他に、H形鋼に孔あけをしたものや、山形鋼(アングル)を門型やL字型に溶接したものなどがあります。

フランジ面とは・・・
チャンネル(溝形鋼)においては、コの字形の断面形状の折れ曲がった2箇所の面をフランジ、一方それらを結ぶ面をウェブと呼びます。
フランジを設けることで断面二次モーメントが大きくなり、曲げ剛性が向上しています。
主としてフランジは曲げモーメントに抵抗し、ウェブはせん断力に抵抗します。