TEL 06-6581-3841

FAX 06-6581-3841

受付時間 平日 7:30-16:30 / 土曜 7:30-11:30
鋼材加工なら溝西鐵鋼株式会社
Mizonishi Steel
  • facebook
  • instagram
  • 建築向け
  • 建設機械向け
  • 産業機械向け
  • タップ加工
  • 等辺山形鋼(アングル)
  • 不等辺山形鋼(不等辺アングル)
  • タップ・ねじ切り加工
  • タップ・ねじ切り加工

タップ・ねじ切り加工

製作方法

ボール盤等で穴を開けた後にネジ山(螺旋状の溝)を加工します。タップやねじ切りダイスを用いて人手作業で削る場合と,旋盤やフライスのような機械を用いる場合もあります。

ノウハウ

  • タップ加工を行う際には、先に穴をあける必要があります。それを下穴といいます。
    通常下穴はドリル穴(キリ穴)で行いますが、コストの関係上パンチ穴で行うことも可能です。
    パンチ穴の場合、穴側面がテーパー状になるため、ネジ山の精度が落ちてしまいます。
  • 対応タップサイズは営業担当者までお問い合わせください。

用語解説

タップ加工、ねじ切り・・・
鋼材・形鋼にネジ山(螺旋状の溝)を入れる(加工する)ことを言います。ネジ山ができることでボルトを通すことができるようになります。タップを立てる、ねじを切るという言い方をします。