TEL 06-6581-3841

FAX 06-6581-3841

受付時間 平日 7:30-16:30 / 土曜 7:30-11:30
鋼材加工なら溝西鐵鋼株式会社
Mizonishi Steel
  • facebook
  • instagram
  • 建築向け
  • 建設機械向け
  • 産業機械向け
  • 孔あけ加工
  • 平鋼(フラットバー)
  • 平鋼穴あけ

平鋼穴あけ

製作方法

  • フラットバーの孔あけです。小径のものはパンチ穴、大径のものはプラズマなどで穴をあけます。
    ご指定があれば、キリ穴(ドリル穴)での製作もいたします。
  • パンチ穴であれば、自社設備の2台のユニットワーカーで加工します。

ノウハウ

  • パンチ孔の場合、フラットバーの厚み以下の孔径でパンチ孔をあけることはできません。
    (例えば、FB9×50ですと9mm以下のパンチ孔はできません。)
    その場合はキリ孔(ドリル穴)での製作になります。
  • パンチ穴の方が製作コストが安く、早く製作することができます。
    キリ穴は製作コストが高く、製作に時間を要します。
  • 弊社ユニットワーカーでは丸穴・長穴に対応します。
    パンチ径につきましては、営業担当者までお問合せください。